第3話/女王学

海外ドラマ「V」のセリフで英会話


シーズン2
第3話「女王学(クイーン)」

同僚のFBI捜査官マリクが、実はビジターだったと見破った
エリカですが、マリクに先手を打たれます。

一方、ビジター司令官アナは、ライアンの娘をおとりにし、
ライアンに再び忠誠を誓わせようとします。

同時にアナは、娘のリサを女王にするため、試練を与えますが・・・。


----------------------------------

エリカは、FBIに怪しまれないよう、第五部隊に襲われた、と
ウソをつきます。

エリカ「気がついたら、私は(車の中で)逆さまだったのよ。」



Next thing I knew, I was upside down.

気がついてみると next thing I know
knew は know の過去形ですね。

逆さまで upside down
【例】本が逆さまだよ。
 Your book is upside down.
----------------------------------

エリカたちはマリクを捕えて、アナの計画を聞き出そうとしますが、
マリクはなかなか口を割りません。

ライアン「ビジターは痛みに強いんだ。」



Visitors have a high tolerance for pain.

来訪者(※このドラマではエイリアンのこと) visitor

〜に強い、よく耐える have a high tolerance for 〜
【例】金属は概して熱に強い。
 Metals generally have a high tolerance for heat.

苦痛、痛み pain
----------------------------------

アナは娘のリサに、一人の人間を見殺しにすることを強要します。

アナ「種の未来は何ものにも代えられないのよ。」



Nothing can compare to the future of our species.

〜は何ものにも代えがたい nothing can compare to 〜
【例】この勝利は何ものにも代えがたい。
 Nothing can compare to this victory.

未来、将来 future
[生物]種 species
----------------------------------
posted by 星沢 希 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | セリフで英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377303725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ぴかぴか(新しい) あなたも30日で、英語耳とネイティブに通じる発音が
身につきます。
ハリウッド公認、英語発音矯正の世界権威が開発した
プログラムとは?

「映画のセリフの聞こえ方が格段に変わりました」
「Sex and the cityの台詞をきちんと聞き取れました」

・・・次はあなたが「英語耳」と「発音力」を手に入れる番です。
    ↓ ↓ ↓
【効果倍増ボキャパワー付き】「リスニングパワー」



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。